個人事業の経理方法

1.各種書類の提出

 個人で事業を始めたら『個人事業の開廃業等届出書』を税務署に提出します。青色申告の特典を受けたい場合には『所得税の青色申告承認申請書』、従業員などに給与を支払う場合などにも別の書類を提出する必要があります。

2.記帳方法

 必要書類の提出が終わったら日々の取引を記帳(お金の入金や出金、売上や仕入れなどを帳簿に記録すること)していきます。

 まず下記の点に注意して実行してみてください。

(1) 財布を分ける

 まず、個人事業者は、個人の財布と事業の財布が混同してしまうことが多いと思いますので、それをなるべく分けるようにしてください。事業用の金庫などを用意するといいと思いますが。最低限、自分の財布から事業のために立て替えた金額はいくらで、事業にいくら使ったかをしっかり把握できるようにしてください。

(2) 事業専用の通帳を作る

 次に、事業専用の預金口座を作って、売上の入金や経費の支払いなどをなるべくその口座でするようにします。そうすると通帳に記録が残りますので取引の漏れが少なくなります。ただし屋号で通帳を作る場合には、銀行の審査が必要なため、面倒な方や急ぐ方は、個人的な通帳と区別するため、別の銀行に事業用の通帳を個人名で作るのが良いでしょう。

(3) 領収証等を保管しておく

 事業のために使った経費などの領収書は必ずすべて保管しておいてください。また、自分の売上の請求書や領収書の控えも保管するようにしてください。

 台紙に貼って、下に内容等を書いておくと税務署の対応が良いかもしれませんが、要は整理できておりすぐ出して見せれれば良いので、少ない場合などは月ごとに袋などに保管しておくのでも良いと思います。日ごろはレシートなどを捨てている方は、常に保管する習慣を身につけましょう。

(4) 現金出納帳を作る

 現金出納帳としては、日付、支払先または受け取り先、その内容、収入金額または支払金額、残高をノートなどに書き込んでください。領収書等に番号を振っている場合は、その番号を書く欄を設けると良いでしょう。

(5) 預金通帳のその内容を書く

 預金の取引内容がわかるよう通帳の余白に取引内容を書いておきます。領収書等に番号を振っている場合は、その番号を書くようにしてください。

(6) パソコンに入力する

 上記の準備が終わればパソコンに入力することができます。最近の会計ソフトは良くできていますので、初心者でもある程度入力することができます。上記の現金出納帳や預金通帳の内容を入れれば、大体の取引については入力されたことになります。

 会計ソフトに慣れてくれば、領収書の内容などを直接会計ソフトに打ち込むことも可能です。

(7) 試算表の確認

 パソコン入力が終われば試算表を打ち出したりして、毎日や毎月の事業の状況を把握しておきましょう。